調査における新型コロナウイルス感染症予防対策の取り組みについて

株式会社都市ネットは、現地調査における新型コロナウイルス感染症予防対策として、下記の対策を実施します。

  • 調査員に対しては事前に体調管理についての注意勧告を行い、調査当日は、調査員への検温の実施、体調等を確認し、風の症状や体温が37.5°以上の熱がある場合や、体調不良、その他リスクを感じた調査員は参加させません。
  • 監督員、調査員等、参加者はマスク着用を必須とします。また、ヒアリング調査等においてはフェイスシールド等を着用します。
  • 調査に使用する機材(カウンター、ビデオカメラ等)は全て事前に消毒を行い、調査員が人や機材に接する前には手指消毒を行わせます。
  • 調査員数が多い場合の集合について、点呼・回収等での整列時は2m程度の間隔を空けることを原則とし、密集を避けるように努めます。

※調査現場における熱中症対策として、調査員のこまめな水分補給、帽子着用の奨励などを行っておりますが、調査場所周辺が密集状況にないことを確認できる場合には、調査員が適宜マスクを外すこともありますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

PAGE TOP