信号現示・道路現況調査

交差点の評価に必要な信号のサイクル長、青時間、パターンや道路の構造、規制などを調査します。

  • 信号現示調査
  • 道路幅員調査
  • 標識調査
  • 交通規制調査
  • 道路付属施設等構造物調査
  • 交通安全施設現況調査
  • 交通管理施設現況調査
  • 歩行空間(バリアフリー)調査
  • サイン調査
  • 事故多発地点、危険箇所調査

交差点の計画設計における信号現示(通行権の割り当て、青・黄・赤時間、交通流のパターン・組み合わせ)や、道路構造(道路幅員、車線構成、規制)などの調査を行います。交通計画、交通環境影響評価に必要な基礎資料となりますので、交通量調査とセットで行います。

信号現示調査では、サイクル長、青時間、パターンなどを観測します。複数の交差点の信号を同期させて制御するオフセットの調査も可能です。

道路幅員、交通規制、道路標識だけでなく、道路付属施設等構造物、歩行空間や各種案内表示であるサインの調査なども行います。

PAGE TOP