ドローン空撮調査

ドローン「小型無人航空機」による空撮を利用した交通量調査、交通状況の記録、交通動態調査等を研究中です。

「株式会社ドローン・フロンティア」協力のもと、ドローンを活用すべく、講習の受講、パイロット養成等を行っております。

株式会社ドローン・フロンティア
https://www.drone-frontier.co.jp/

ドローン「小型無人航空機」を利用した空撮事業は、単純な空撮にとどまらず、測量や建築現場の進捗の記録、建築物のメンテナンス、物流、警備等の様々な分野で急速に活用されています。都市ネットでは、交通量調査、交通状況調査、交通動態調査にドローンを投入し、実験、研究を行います。
ドローン飛行は、航空法による国土交通省の許可、承認申請が必要であり、安全への取り組みや、現行の機体の飛行可能時間が短いなど、まだまだ問題はありますが、興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
画像は夜間のイベント時の人の動き(動画の一部抜粋、画像提供:株式会社ドローン・フロンティア)

画像は昼間のイベント時の人の動きです(動画の一部抜粋、画像提供:株式会社ドローン・フロンティア)。高解像度のカメラを使用しているため、動画では人の動きが鮮明に把握できます。

ドローン「小型無人航空機」は高性能自立飛行システム(GPS、姿勢センサー、気圧計)により安定した飛行を実現しています。可視光カメラ、360度カメラ、赤外線カメラの搭載や、小型機でも4K撮影が可能です。

PAGE TOP